スノーボードと足の位置の重要性

スノーボードを楽しむ若者のもうひとつの理由 スノーボードは右足と左足がどちらも板に固定されるわけですが、滑るときはもちろん斜面に対して縦に滑ることになります。そのため、初めてスノーボードを履くとき、まず考えなければいけないのが利き足です。左足が前の方法はレギュラー、右足が前の方法はグーフィーと呼ばれます。利き足を調べるには、まっすぐ立った状態で誰かに背中を押してもらい、無意識のうちに前に出した足が利き足であることが多いとよく言われます。足の位置を決めるときは、利き足を後ろにしたほうがコントロールが利きやすいと言われます。

また、スノーボードの足の位置を決めるときには利き目も重要だと言われています。滑るときの姿勢は体をねじり、視線は進行方向を向くため、利き目のほうに進行方向を持っていくと滑りやすいと感じられることになります。では、利き目と利き足の判断でそれぞれ違った結果で出てしまったらどうしたら良いのでしょうか。その時はやはり、どちらでも滑ってみるしか方法がありません。

例えばリフトに乗る前など、片足を外してボードを滑らせながら進むという場面があります。そのときにどちらの足がより安定しているかということを見て、判断できることもあるようです。私はしばらくの間、自分はレギュラーだと信じてやってきましたが、どうにも上達が遅く、自分には才能がないのだと思っていました。しかし、たまたま足の位置を変えたときに、それまでとは違った違和感のなさとそれからの上達のスピードに大変感動したことを覚えています。