スノーボードの思い出

スノーボードを楽しむ若者のもうひとつの理由 冬になるとスノーボードのシーズンになります。初めてやったのは大学生の時に滑ったのですが、とにかく何度もお尻から倒れるので凄く痛くて、もう滑りたくないと思ったくらいです。他にもリフトに乗る時はいつも緊張してしまいます。それはリフトに乗るのは大丈夫なのですが、降りる時にバランスを崩して倒れてしまい、リフトを止めてしまった事があったからです。でも、段々滑れるようになるとスピードを体全体で感じる事が出来るので凄く楽しいですし、どうすれば上手く滑れる様になるかを考えてやっていたので、今まで出来なかった事が出来るようになる喜びを感じる事が出来て良かったです。

社会人になって先輩と滑った時、迷子になってしまいました。理由は集合場所を決めなかったのと眼鏡を付けずに滑ったので誰か解らなかったからです。動いていると余計に迷子になると思ったので車の所で待っていました。大人になって迷子になるのは、恥ずかしかったですし不安な子供の気持ちが少し解かった様な気がします。それ以来スノーボードで滑る時は、必ず集合場所を確認するようになりました。

最近は仕事や友達のスケジュールが合わないので滑っていませんが、久しぶりに滑って楽しみたいです。