スノーボード初心者の注意点

スノーボードを楽しむ若者のもうひとつの理由 スノーボードは若者を中心に人気があり、シーズンになると多くのスノーボーダー達が雪山を訪れています。初心者がスノーボードを始める際には、滑る技術を磨くことも大切ですが必要最低限のマナーは絶対に守るようにしましょう。まずボードを着用する際にはリーシュコードと呼ばれる滑り止めを必ず装着しなければなりません。万が一ボードが外れてしまった際に、ボードだけが斜面を滑り落ちてしまうからです。誰かに当たって怪我をさせてしまう可能性もあるため必ず装着しましょう。斜面を滑り落ちるならまだしも、リフトに乗っているときに落下して下にいる人に当たってしまったら、大怪我どころか死の危険もあります。

また、初心者はボードの装着に時間がかかるとは思いますが、リフト降り口周辺で横一列になって取り付けするのは絶対にやめましょう。スノーボードの上級者やスキーヤー達はそのような人達が正直邪魔であると感じています。降り口周辺で後ろから追突されても文句は言えません。自分の安全のためにも注意するようにしましょう。せっかく楽しみにスノーボードに来ているのに、自分が怪我をしてしまったり他人に怪我をさせてしまっては元も子もありませんので十分に気をつけましょう。